ホーム > 男木島の様子

男木島の様子のアーカイブ

梅雨、まっさかり!

先週、梅雨入りして、

真っ盛りな漆の家です。

ムシムシして暑いですね~。

そうかといえば、夜になると肌寒い位になる男木島です。

この季節の温度変化についていけないと、

風邪引きさんになってしまうんですね~。

皆様、お気を付け下さいませ。

 

イベント情報

8月お盆時期に漆の家OPEN致します。

漆の家ならではの「漆器」や「アクセサリー」など展示しております。

ワークショップなども企画しておりますので、楽しみにしていてください。

詳細決まりましたら、また報告いたします。

瀬戸内国際芸術祭の説明会@男木島

今日は、風が強くて船も揺れましたね〜。

昨日、男木島にて来年3月から開催される瀬戸内国際芸術祭2013の

島民のみなさんへの説明・交流会が開催されました。



各作家さんによる作品の説明。

またこれから制作活動がはじまり、男木もにぎやかになりそうです◎

その後は交流会。随分お顔も覚えてもらっていて、うれしい^^



引き続き、男木の皆さん“漆の家”をよろしくお願いします!!!

 

 

男木島運動会!

秋晴れの本日は、男木島の運動会。

小中学校が休校になってから、

男木島の島民や家族、こえび隊男木deあそび隊などで運動会が行われています。

 

9時頃から開始し、趣向を凝らした競技が続きます。ユニークです^^





男木ならではです! こちらは、アナゴつかみどりゲーム!

島の漁師さんはさすがの手つきでした◎



獅子舞いも見れました^^



最後は、全員で瀬戸内おどりと、男木盆踊り。

みんなで輪になって、見よう見まねで楽しく踊りました。

 

年に1度こうして集まってカラダを動かし、笑い合う…。

とってもいいなぁと思います^^

 

みなさん、お疲れさまでした◎

 

【レポート】漆再生展、終了しました。

あたたかいお茶にホッとする季節になりましたね。

先日、9月15日〜23日まで男木島で『漆再生』展が行われていました。

島の家々から漆器をお預かりし、漆の家で塗り直しを敢行!


7月の暑い最中、漆器をお預かりしに、一軒一軒まわって集めていきます。



いざ、作業!

と、言ってもすぐに漆を塗れるわけではないの、研ぎから。



そして塗り。



仕上げ。



かなり断片的にですが、こんな感じの2ヶ月…。

展示がスタートすると、実際に預けたものがどうなったかと

島の人たちが見に来てくれました^^

たくさんの笑顔がみれて、こちらもHappyでした。

 

ご返却したら、また新たな思い出が刻まれていくのかなぁと

思いを馳せながら、このあたりで失礼します……。

男木島のあたたかさ。

今週末からはじまる男木島の家庭から出てきた漆器を、

塗り直したものを展示する『漆再生』展。

それに向けて、DMを男木のみなさんへ配っているのですが、

いろんなお話が聞けてほんとにとっても楽しいんです^^





 

そして、今日とっても男木島らしいなと実感したことが…。

頼んでいた荷物が港へ。

もっと小さいと思っていたのですが、実際はおもわず「うっ」と言ってしまうような大きな段ボール…。

さて担いであがろうかと思うが、つらい……。

でもしょうがない…と歩いていると、、、

「いや〜、そりゃえらいは!」と突然、島のおとうさん登場。一緒に階段をのぼっていく。

きょろきょろと人をさがすおとうさん。汗だくの私…。

 

軒先に一輪車を発見!

「おーい!これ貸してくれや〜」とおとうさん。

窓があいて「あれー(段ボールをみて)、それ持ってどこまで行くん? 一輪車?いくらでもつかいー」

とおかあさん。ほっとする私…。

 

てきぱきと荷物をくくって、坂をのぼっていくおとうさん。

用事がある途中の家まで運んでくれました。本当に感謝です!!!



「こういうときは、誰かに言って、なんとかするんよー、みんな助けてくれるんやけ」

と。DMを配っていても、「暑いからこれ飲みー」と飲み物くれたり。

「いっぱいあるけん」と収穫したものくれたり。

 

坂と細道ばかりの不便な島のあたりまえの親切^^

本当にすごく嬉しかったし、今度からはもっと甘えていこうと思います。

 



ありがとうございます◎

 

 

 

 

 

今日も男木は暑い!



いやぁ~めちゃくちゃアツいですねぇ~

何か、さっき聞いたんですけど昨日梅雨明けしたらしいですね・・・

知らなんだ・・・

でも、梅雨明けした分、夏の空!暑いけど気持ちのイイ空ですね。

ちなみに、昼休みに梅の木の様子を見に行った数分で4か所も蚊に刺されちゃいました(汗

作業内容はって?

お膳の直しに入りました。花台として生まれ変わるみたいです。

古い物も修理して塗りなおせば、また使えるのも漆の良い所なんだよなぁ。

iPhoneのケースも進んでますよぉ~。

文章を考えすぎると脳みそがトロケちゃうので、この辺で失礼しますネ。

細い坂道が多い男木島ではオンバが大活躍

細い坂道が多い男木島では日常生活にオンバ(乳母車)と呼ばれる押し車が欠かせません。
男木島で行われたありがとう会でも野菜や肉や道具を運ぶためにオンバ(乳母車)が大活躍していました。
瀬戸内国際芸術祭のオンバファクトリーさんは、
そんなオンバを修理しペイントを施して作品にしているグループ。ここまで島の人達の生活に溶け込んだアート作品はなかったかなと思います。
今回は、先日の会で集合していた男木島のオンバの勇姿をお届けしたいとおもいます。


薪や道具をオンバで運ぶ、島のお母さんたち。

つづく

ホーム > 男木島の様子

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る