jp/en

漆の家について about "Maison de Urushi"

日本全国に伝統的な漆芸が残っていますが、香川県も例外ではありません。瀬戸内海を望むゆたかな風景の中で育まれてきた讃岐の漆は、他産地の漆芸に比べると、その明るく華やかな色彩に大きな特徴があります。その讃岐漆の良さを、世界中の、より多くの方々に知っていただき、親しんでいただきたいとの思いから、男木島出身の漆芸家大谷早人氏の実家である木造家屋をリノベーションし、漆に直に触れ、感じてもらえる空間を、漆芸家北岡省三、大谷早人と若手漆芸家が力を合わせて生み出しました。
漆は長い文化の中で生活の中で使われてきました。現代生活においても、エコロジー、ロングライフなどの視点からも、注目すべき素材であり、技法であり、ものづくりの考え方ではないかと私たちは考えています。新たな時代の「漆のある暮らし」を考える場です。

漆の家が目指すところ
ここは「家」です。人々が会話を楽しみ、ゆっくりと時間を過ごすことができる家。茶室として使ってもらったり、ここで宿泊してもらったり、漆やものづくりや生活について話し合える場となったらいいな、と思っています。讃岐漆芸を担う工芸作家と、アーティストや他ジャンルの工芸家やデザイナー、建築家たちとともに、讃岐漆芸の可能性にチャレンジできる場所となったらいいな、と思っています。漆を使ったアイデアを実験したり、発表したり、日常生活との関わりを考えたりできたらいいな、と思っています。つまり、讃岐漆芸と外の多様な世界がつながる、未来の場所であることを目指しているのです。

讃岐の漆とは
讃岐漆芸は、江戸時代に玉楮象谷 (たまかじ・ぞうこく) が中国やアジアの漆技法を深く研究し、独自の技法を草案してその基礎をつくりあげ、高松藩主・松平家代々の手厚い工芸保護育成の奨励と支援によって、広く香川全域に多数の優れた漆芸家・漆業者を生み出してきました。近世以降、讃岐の漆はさらに発展し、現在では、蒟醤 (きんま) 、存清 (ぞんせい) 、彫漆 (ちょうしつ) 、後藤 (ごとう) 塗、象谷 (ぞうこく) 塗の5技法が、日本の伝統工芸品に指定されています。その用途は幅広く、小物から家具・調度品に至る、生活のさまざまなシーンになじむ商品を生み出しています。
香川には、讃岐の漆の明日を担う若手育成を目的とした漆芸研究所 (1954年設立) があり、県立高松工芸高校でも漆芸を教えているほど、漆は親しまれています。


« 前 | 次 »

白い部屋 white room


手前が白い部屋。白い漆を壁と床に塗りました。ひんやりとした漆の感触に触れてください。何気ない部屋ですが、座ってください。寝転がってください。外を眺めれば瀬戸内海が広がっています。引き戸を開けてみてください。夕焼けのように白から紅へ移り変わる作品が隠されています。漆を塗った木製テープを網代に編んでつくられています。 (製作:大谷早人)  → 図面をみる。

黒い部屋 black room


右翼の奥は黒い部屋。漆黒の中に、讃岐漆芸の技法のひとつである「彫漆」で彫られた色とりどりの星々が空間いっぱいに広がります。彫漆は、色漆を何層にも塗り重ねて、漆の層を彫り出していくもの。それはまるで宇宙に新しい星が生みだすかのようです。 (製作監修:北岡省二)  → 図面をみる。


催し物


漆の家ワークショップ
瀬戸内国際芸術祭2016秋会期にも、
男木島の漆の家でワークショップを開催する予定です!
漆芸の技法の一つ、『彫漆』を使ってオリジナルコースターを作ってみませんか?
漆の作家さんたちが丁寧に教えてくれますよ。

予定日: 2016年10月9日(日)・22日(土)
時 間: 13:00〜16:00
定 員: 10名(お申し込み順)
※汚れてもいいタオルをご持参ください。
お申込み/お問合せ:
NPO法人アーキペラゴ 担当:伊藤(いとう)
TEL: 087-813-1001

漆の家のイベント情報はFacebookページを御覧ください。

お問い合わせ
特定非営利活動法人アーキペラゴ 担当:串田、伊藤
tel/ 087-813-1001  fax/ 087-813-1002  mail/info@archipelago.or.jp

Facebookページをみる

漆の家 (urushinoie) on Twitter

漆の家写真アルバム on Picasa


メンバー

代表:
北岡省三 (漆芸家)

代表:
大谷早人 (漆芸家)

漆芸:
真鍋民生 (漆芸家)

漆芸:
佐々木博 (漆芸家)

漆芸:
三谷浩二 (漆芸家)

漆芸:
池田朝重 (漆芸家)

漆芸:
辻孝史 (漆芸家)

漆芸:
松本光太 (漆芸家)

漆芸:
坂本征志 (漆芸家)

漆芸:
三谷江里佳 (漆芸家)

漆芸:
宇野里依子 (漆芸家)

漆芸:
大西章寛 (漆芸家)

漆芸:
大西貴政 (漆芸家)

漆芸:
小笠原幹 (漆芸家)

漆芸:
神垣夏子 (漆芸家)

漆芸:
土田百合香 (漆芸家)

漆芸:
平尾和司 (漆芸家)

建築:
久保勇人 (建築家)

建築:
新谷芳則 (大工)

建築:
清川武彦 (現場管理)

建築:
外立清明 (大工補助)

インテリア、木工:
岡昇平 (建築家)

インテリア、木工:
松村亮平 (木工作家)

お茶:
中條晴之
(茶の湯コーディネーター)

企画:
紫牟田伸子
(デザインディレクター)

写真:
白井綾
(写真家)

ロゴデザイン:
根本真路
(グラフィックデザイナー)

サイトデザイン:
坂口祐
(デザイナー)

協力:
三井文博
(NPO法人アーキペラゴ)

協力:
西崎彩香
(NPO法人アーキペラゴ)

協力:
梅下アヤノ
(島のお母さん)

協力:
木村愛子
(島のお母さん)

協力:
大江ヤエ子
(島のお母さん)

協力:
宮下邦子
(島のお母さん)


« 前 | 次 »

おもてなし


畳敷きのお茶の間は、自由に一休みしていただける場所です。ここでは、漆の日用品を実際に使っていただける場所でもあります。たとえば、ここで使うお椀は、島の不要品となっていたお椀を、漆を塗り直して再生したものもあります。何度でも塗り直してモノを再生する、漆のエコロジカルな側面も体験していただけるでしょう。

お品書き

  • コーヒー(アイス/ホット) 400円
  • お茶(お菓子付)      400円
  • オレンジジュース      400円

男木島の地図


より大きな地図で 男木島 を表示

住所:香川県高松市男木町1747番地 男木港から徒歩約10分
男木島へのアクセスはこちらををご覧ください。

高松 ~ 女木島 ~ 男木島

[1月~7月,8月21日~12月]

高松発 8:00 10:00 12:00 14:00 16:00 18:10
女木島発 8:20 10:20 12:20 14:20 16:20 18:30
男木島着 8:40 10:40 12:40 14:40 16:40 18:50
男木島発 7:00 9:00 11:00 13:00 15:00 17:00
女木島発 7:20 9:20 11:20 13:20 15:20 17:20
高松着 7:40 9:40 11:40 13:40 15:40 17:40

[8月1日~8月20日]

高松発 8:00 9:10 10:00 11:10 12:00 13:10 14:00 15:10 16:00 17:10 18:10 18:40
女木島発 8:20 9:30 10:20 11:30 12:20 13:30 14:20 15:30 16:20 17:30 18:30 19:00
男木島着 8:40 10:40 12:40 14:40 16:40 18:50
男木島発 7:00 9:00 11:00 13:00 15:00 17:00
女木島発 7:20 8:10 9:20 10:10 11:20 12:10 13:20 14:10 15:20 16:10 17:20 18:10
高松着 7:40 8:30 9:40 10:30 11:40 12:30 13:40 14:30 15:40 16:30 17:40 18:30

雌雄島海運(TEL 087-821-7912)
[所要時間]高松 – 女木島 約 20 分 女木島 – 男木島 約 20 分
[旅客運賃]高松 – 女木島 360 円/小人 180 円 高松 – 男木島 大人 500 円/小人 250 円/女木島 – 男木島 大人 230 円/小人 120 円

お問い合わせ