jp/en

漆の家について about "Maison de Urushi"

日本全国に伝統的な漆芸が残っていますが、香川県も例外ではありません。瀬戸内海を望むゆたかな風景の中で育まれてきた讃岐の漆は、他産地の漆芸に比べると、その明るく華やかな色彩に大きな特徴があります。その讃岐漆の良さを、世界中の、より多くの方々に知っていただき、親しんでいただきたいとの思いから、男木島出身の漆芸家大谷早人氏の実家である木造家屋をリノベーションし、漆に直に触れ、感じてもらえる空間を、漆芸家北岡省三、大谷早人と若手漆芸家が力を合わせて生み出しました。
漆は長い文化の中で生活の中で使われてきました。現代生活においても、エコロジー、ロングライフなどの視点からも、注目すべき素材であり、技法であり、ものづくりの考え方ではないかと私たちは考えています。新たな時代の「漆のある暮らし」を考える場です。

漆の家が目指すところ
ここは「家」です。人々が会話を楽しみ、ゆっくりと時間を過ごすことができる家。茶室として使ってもらったり、ここで宿泊してもらったり、漆やものづくりや生活について話し合える場となったらいいな、と思っています。讃岐漆芸を担う工芸作家と、アーティストや他ジャンルの工芸家やデザイナー、建築家たちとともに、讃岐漆芸の可能性にチャレンジできる場所となったらいいな、と思っています。漆を使ったアイデアを実験したり、発表したり、日常生活との関わりを考えたりできたらいいな、と思っています。つまり、讃岐漆芸と外の多様な世界がつながる、未来の場所であることを目指しているのです。

讃岐の漆とは
讃岐漆芸は、江戸時代に玉楮象谷 (たまかじ・ぞうこく) が中国やアジアの漆技法を深く研究し、独自の技法を草案してその基礎をつくりあげ、高松藩主・松平家代々の手厚い工芸保護育成の奨励と支援によって、広く香川全域に多数の優れた漆芸家・漆業者を生み出してきました。近世以降、讃岐の漆はさらに発展し、現在では、蒟醤 (きんま) 、存清 (ぞんせい) 、彫漆 (ちょうしつ) 、後藤 (ごとう) 塗、象谷 (ぞうこく) 塗の5技法が、日本の伝統工芸品に指定されています。その用途は幅広く、小物から家具・調度品に至る、生活のさまざまなシーンになじむ商品を生み出しています。
香川には、讃岐の漆の明日を担う若手育成を目的とした漆芸研究所 (1954年設立) があり、県立高松工芸高校でも漆芸を教えているほど、漆は親しまれています。


« 前 | 次 »

白い部屋 white room


手前が白い部屋。白い漆を壁と床に塗りました。ひんやりとした漆の感触に触れてください。何気ない部屋ですが、座ってください。寝転がってください。外を眺めれば瀬戸内海が広がっています。引き戸を開けてみてください。夕焼けのように白から紅へ移り変わる作品が隠されています。漆を塗った木製テープを網代に編んでつくられています。 (製作:大谷早人)  → 図面をみる。

黒い部屋 black room


右翼の奥は黒い部屋。漆黒の中に、讃岐漆芸の技法のひとつである「彫漆」で彫られた色とりどりの星々が空間いっぱいに広がります。彫漆は、色漆を何層にも塗り重ねて、漆の層を彫り出していくもの。それはまるで宇宙に新しい星が生みだすかのようです。 (製作監修:北岡省二)  → 図面をみる。


催し物


漆の家ワークショップ
 瀬戸内国際芸術祭2016秋会期、2019夏会期、2019秋会期
 男木島の漆の家でワークショップを開催いたしました。
 漆芸の技法の一つ『彫漆』を使ってオリジナルコースターを作りました。
 漆の作家さんたちが丁寧に教えてくれましたよ。

 開催日 2019年10月26日(土)
     2019年 8月17日(土)
     2019年 8月 8日(土)
     2016年10月 9日(日)
     2016年10月22日(土)
 次回、瀬戸内国際芸術祭2022 の開催をお楽しみに!

 漆の家のイベント情報はFacebookページをご覧ください。

お問い合わせ
特定非営利活動法人アーキペラゴ 担当:串田、伊藤
tel/ 087-813-1001  fax/ 087-813-1002  mail/info@archipelago.or.jp

Facebookページをみる

漆の家 (urushinoie) on Twitter

漆の家写真アルバム on Picasa


メンバー

代表:
北岡省三 (漆芸家)

代表:
大谷早人 (漆芸家)

漆芸:
真鍋民生 (漆芸家)

漆芸:
佐々木博 (漆芸家)

建築:
久保勇人 (建築家)


2019瀬戸内国際芸術祭スタッフ
・北岡道代 ・野島華恵 ・竹森滉 ・大西貴政 ・谷本晶
・筒井千優 ・中谷亜季 ・菊池美穂 ・野殿英恵 ・宮下日向子
・大谷将太 ・甲斐みずき ・福場友美子 ・宮地環 ・宮寺佑未子
・菅奈津子 ・滝本英恵

2016瀬戸内国際芸術祭スタッフ
・中村芳弘 ・松本光太 ・大西章寛 ・土田百合香 ・北岡道代
・野島華恵 ・田淵絵莉 ・山田果林 ・射場茜 ・土屋良子
・竹森滉 ・田村暁 ・山田万里江 ・小久保さくら ・大西貴政

« 前 | 次 »

おもてなし


畳敷きのお茶の間は、自由に一休みしていただける場所です。ここでは、漆の日用品を実際に使っていただける場所でもあります。たとえば、ここで使うお椀は、島の不要品となっていたお椀を、漆を塗り直して再生したものもあります。何度でも塗り直してモノを再生する、漆のエコロジカルな側面も体験していただけるでしょう。

お品書き

  • コーヒー(アイス/ホット)
  • お茶(お菓子付)
  • オレンジジュース

※瀬戸内国際芸術祭のみ営業です。

男木島の地図


より大きな地図で 男木島 を表示

住所:香川県高松市男木町1747番地 男木港から徒歩約10分
男木島へのアクセスはこちらををご覧ください。

高松 ~ 女木島 ~ 男木島

[1月~7月,8月21日~12月]

高松発 8:00 10:00 12:00 14:00 16:00 18:10
女木島発 8:20 10:20 12:20 14:20 16:20 18:30
男木島着 8:40 10:40 12:40 14:40 16:40 18:50
男木島発 7:00 9:00 11:00 13:00 15:00 17:00
女木島発 7:20 9:20 11:20 13:20 15:20 17:20
高松着 7:40 9:40 11:40 13:40 15:40 17:40

[8月1日~8月20日]

高松発 8:00 9:10 10:00 11:10 12:00 13:10 14:00 15:10 16:00 17:10 18:10 18:40
女木島発 8:20 9:30 10:20 11:30 12:20 13:30 14:20 15:30 16:20 17:30 18:30 19:00
男木島着 8:40 10:40 12:40 14:40 16:40 18:50
男木島発 7:00 9:00 11:00 13:00 15:00 17:00
女木島発 7:20 8:10 9:20 10:10 11:20 12:10 13:20 14:10 15:20 16:10 17:20 18:10
高松着 7:40 8:30 9:40 10:30 11:40 12:30 13:40 14:30 15:40 16:30 17:40 18:30

雌雄島海運(TEL 087-821-7912)
[所要時間]高松 – 女木島 約 20 分 女木島 – 男木島 約 20 分
[旅客運賃]高松 – 女木島 360 円/小人 180 円 高松 – 男木島 大人 500 円/小人 250 円/女木島 – 男木島 大人 230 円/小人 120 円

お問い合わせ